• Ozeギタースクール

お子様の習い事として

こんにちは。

Ozeギタースクールの関口です。


去年まで、わたしのスクールに通ってくれる生徒さまは、

大人の方が多かったのですが(学生でも大学生以上)

今年は、中学生~高校生の生徒様が増えました。

最年少は、小学校低学年のお子様。



自分で調べてきてくれることもあるし、親御さんが調べて連れてきてくれる

どちらのパターンもあります。


特徴的なのが、女の子が多いということでしょうか。


バンドリやボカロが弾きたい、

あいみょん、米津玄師が弾きたい、みんなばらばらです。


中高生だと、部活忙しくないのかな?と思って聞くと

週2~3が多く、今の世代は練習毎日ってあまりないようですね。


東京の学校がそういう感じなのか、

今の時代がなのか、どちらなのかわかりませんが

わたしの中高時代の部活は、平日毎日、土曜、日曜は

どちらか練習試合・・・みたいなのが普通だった気がします。


だから部活やると、生活時間の大半をつぎこむ感じになってたのですが

今の部活動って、勉強はもちろん、趣味とか外で習い事も

充分できるようにバランスとってるのかしれませんね。


今かよっていただいている生徒様に学校の先生(2人います)もいらっしゃるので

今度そのあたり聞いてみようかな。


あと、学生さんでも軽音部やってますというこが、意外に少なくて

学校に軽音部がない、とか

あっても入ってないとか

なぜだか、少ないのも特徴ですね。


今の人気部活トップ2が、ダンス部と軽音部らしいです。


なんだかうれしくなりますね。


ギターがダサいものではなく、

ずっと人気があるものであってほしいです。


少しでも、ギター好きが増えるように


途中で嫌になっちゃうことがないように

ギター人口増加に貢献できるよう、よりがんばっていきたいです。





中高生もですが、わたしの教室にいらっしゃる生徒様

大人の方も、はじめてギター教室に通う方が、ほとんどです。


初心者の最初の入り口として、また独学でがんばってきたけど

限界を感じた。など、理由は様々ですが、

やはり最初の先生が一番責任重大だと思っています。


その後のギター人生に大きな影響を与えていくのが

確実です。


気が付けば、20年以上ギターを弾いてきて、

尊敬できるミュージシャン、ギター講師仲間にも恵まれました。

間違った情報を与えないように

そんな仲間と情報交換をして音楽やギターを深く理解できるよう努めています。


楽器をはじめると、苦労することも多いですが、

まずギターを触るのが楽しくなること、

これを第一にしています。


多少間違った音がしてても大丈夫です。

必要なタイミングで直していけばOK。


弾き方をシンプルにして、

好きな曲と一緒に演奏できることを最短で実現していきます。


真面目な練習は、ギターが好きで嫌いになれない

ようになるまで、後回しにしましょう!




体験レッスン、

受付中です。


平日は、月曜 水曜 金曜

週末は日曜でのご案内可能です。


他曜日は、遠方でのレッスンまたは演奏活動が多く

22時以降深夜帯でのご案内となります。

可能な場合もございますので、相談くださいませ。


未成年の方の場合、保護者さまの承認が必要です。

お手続きは簡易なものですが、

親御様に、お話いただいてからレッスンお越しください。


トラブル防止のため、ご協力お願いしますね!




最新記事

すべて表示

初心者のギターの選び方、アコースティックギター編

こんにちは。 Ozeギタースクールの関口です。 体験レッスンで、はじめてギターを触りますという方 これまでも多数いらっしゃるのですが、 LINEで相談に乗ったり、初回レッスン時にお伝えしたりと 個別でお伝えしてました。 もちろん、人によっておすすめの内容が変わる部分もあるのですが、 ほぼ共通してお伝えしている内容が多いので、こちらを参照くださいと言える 内容をつづってみようと思います。 まず、アコ

初心者のギターの選び方、エレキギター編

Ozeギタースクールの関口です。 ギター初心者、最初の1本の選び方を私なりに考えてみました。 今、ギターを1本も持ってなく、たとえば私が3万円でギターを買うとしたら 中古で掘り出しものを探しますが、 最初から中古は抵抗がある また、中古の弱点として保証期間が短い ということあるので、ほとんどの方が新品でギターを購入されます。 (中古で買う場合の番外編は、またの機会に書きます) まず、買うお店です。