• Ozeギタースクール

ギター講師になるには

更新日:11月22日

Ozeギタースクールの関口です。


ギターを弾ける方で、講師になりたいと志望される方は多いです。

そこで、実際にギター教室を運営しております関口がどうすればギター講師になれるのかをお伝えしたいと思います。


ギター講師に、特に資格はいりませんので、

ギターの先生です、と名乗り生徒が集まれば先生です。

生徒より、少しでも上手であればレッスンは成立します。

(生徒側に教わる気があれば。 実際、教わる気がない。。。という方も中にはいます。)

・・・といえばそれまでなのですが、実際、何もしなければ生徒が集まらなく先生になれません。


そこで考え付くのは、先生として雇ってもらう道です。

東京都内でしたら、募集は年間通していつでもあると思います。

なにもわからず、独自でギターレッスンをするよりも経験を積めるため、

最終的には独立するとしても教室勤めはできれば一度はしたほうがいいと経験上思います。



私の知っている範囲ですがギター講師には、働き方の形態として

おおまかに2通りあります。

Aタイプ:店舗として教室があり、その場所に務めレッスン(大手に多い)

Bタイプ:街のレンタルスタジオを時間ごとに借りレッスン(ベンチャー)


それぞれメリット、デメリットがあります。ちなみに私は、どちらも雇っていただき稼働した経験があります。


Aタイプ教室勤めでも、社員としてアルバイトとして決まった拘束時間の中で働く場合とレッスンのみを業務として行う場合とに分かれます。


Bタイプリハスタでのレッスンは、スクールより生徒様を紹介いただき体験レッスン、

その後入会すれば1回単位でレッスンをしていくことになります。

生徒を紹介してくれるほか、特になにも縛りはなく逆を言えば、自営でレッスンをしているのと変わりないので、先輩からのノウハウや、経験を積むという点は期待できません。


この中だと、Bタイプ:リハスタでのレッスン形態が時間あたりの報酬は高いです。

(リハスタ代、交通費が最低でもかかり、諸経費除くと手元に2000円~くらい)


Aタイプ:教室勤めの場合は、通常のアルバイト程度の時給でレッスン以外の時間、事務作業、教室運営をすることになります。


専業とするならこちらの形態のほうが現実的かと思います。

その代わり、レッスン以外のことをしたくない場合は向かないですね。ただ、事務作業、教室運営は独立後に役に立つので勉強にはなります。


では、BタイプやAタイプレッスンのみ担当でレッスンのみでばりばりやって、稼ぐ!というのが可能か!?というと、実は、これも結構、難易度は高めです。


雇ってもらうと、集客はしてもらえますが一日に何名も増えるようなことはなく、順調だとしても徐々に増えるイメージです。

かなり優秀な講師だとしても週5日 一日5~8人を埋めるには、数年かかると思います。


最初は特に、週に2~3日レッスンにあてても日に1人や2人ということになります。

副業としてならいいですが、ちょっと生活は難しいです。


なので、まずは兼業で生活するだけの仕事を他でしてレッスンは、のんびりやるかと思ってはじめるのがいいと思います。


加えて、Bタイプリハスタレッスンの場合は、場所を用意するのは講師です。

需要の高い時間帯は決まっており、平日夜、土日などは、なかなかスタジオ予約を取るのが難しいという問題もあります。

なので、続けて同じ場所でレッスン出来なくて、その都度移動をしていくことになります。1時間レッスンしたら、その次は移動、範囲を広く取れば生徒数増えやすいですが、移動が大変です。



雇われで、レッスンをポツポツできれば満足時給は高いほうがいいならば、

Bタイプリハスタレッスンをおすすめ

いつか独立、そのために経験を積みたい場合

Aタイプ教室務めをおすすめです。


しかし、落とし穴もあります。どちらにしても、集客ノウハウは、学べません。

一番大事な部分なのに、教えてもらえません。

なかなか皆が皆独立できないのは、そういうところにもありますね。


ちなみに、教室務めをしていた某スクールで、採用率数%というのを聞いたことがあります。

たしかにやたらと面接やってるのに、先生増えないな・・・とは思ってました。

先生希望者は多いけど、講師として向いてる人は、少なかったということかもですね。演奏家としてのところとは、かなり別のところで選別されてる感じはしました。


個室にマンツーマンで、1時間とかですからあえて言えば、高度な接客が必要なわけです。

私も、かなり昔となりますが、面接に行ったとき、真夏でしたが、 襟付きのシャツを着ていきました。

Tシャツだったら、不採用だったかもしれません(笑)

逆に、金髪だったり、ロン毛だったりしても、清潔感があって似合ってれば大丈夫だったりします。パッと見の好印象が必要です。


あとは、どの程度のギターの技術があればいいのか、下手ではダメなのか譜面読めなければいけないのか、アコギとエレキどっちも弾けなきゃならないのか、プロ活動など、経歴は必要かなどこちらは、第二弾にて。



本題です(笑)

ゆる募ですが(年明け頃、本格始動予定)

当Ozeギタースクールでは、ギターレッスンを担当いただける方を募集しています。

報酬、お気軽にお問い合わせください


条件

土曜日に稼働いただける方。

完全歩合となり、1レッスン事の報酬となります。


女性で講師希望の方へ

セキュリティ上、同性の生徒様のみを紹介します。

年齢層は、小学生のお子様~大人、シニアの方まで幅広く特に子供が好きだと助かります。女性ギター講師需要は高いです。

アコギ、エレキどちらも出来ることが好ましいですが、

アコギ初心者レッスンのみ必須です。


場所は駒込駅徒歩数分のスタジオです。

交通費は自己負担なのと、朝10時にレッスン後、数時間空いて次のレッスン・・・

と最初のうちは、よくあるのでお住まいが近くないと大変かもしれません。そのあたりも、ご相談ください。





最新記事

すべて表示

ギター教室を運営しているものとしては、まったく得をしない話をしてみたいと 思います。 ギターレッスンを受け始めるのは分かるけれど、 いったいいつまで続けるものなのか?・・・です。 辞め時の話ですね。 これは、出来ればあまり考えないでいただければ助かりますが(笑) 何か月継続するかでトータルコストが変わってくるわけです。 レッスンさせていただく立場からは、 2年程度といつもお話しています。 例として

Ozeギタースクールの関口です。 今日は、エレキギターにおけるアンプの話です。 ここ最近のTwitterの仕様で、フォローしてなくても関連性が高いとアルゴリズムが判断したツイートが表示されるようになってますね。個人的には、あまり好きではない仕様変更でしたが・・・ そのせいもあり某Youtube系ギター講師の方のツイートが目に入りました。 勝手ながら引用させていただきますと レッスンで真空管アンプを