top of page
  • Ozeギタースクール

フィジカル練

ここ最近、フィジカル練を意識して取り入れようとしています。


普段の、レコーディングやレッスンでギターは弾いてるので、時間にしては充分に感じて

ギターだけが人生ではないと、色々な違うところからの刺激を求めてました。


本来、ギター弾くのが好きなので、

仕事で弾いて、休憩で弾いて、と

ギターだけの人になってしまうのが自然なところもあり。


けど、

ギターだけ考えてる人の音に魅力があるかと、

それこそ10代の頃は、ギターばっか考えてました。


そして、練習もしてました。


なかなかいい歳にもなり、

またあえて、考えてフィジカル練を突き詰めたらどうなるかな?というのも

楽しそうに思えて。



いろいろメニュー考えてます。


レッスンでもご希望あれば伝授しますよ。

山手線、上側のほうでギターのレッスンやってます。


体験レッスンの申し込み御気軽に連絡ください。

最新記事

すべて表示

Ozeギタースクールの関口です。 ギターを弾ける方で、講師になりたいと志望される方は多いです。 そこで、実際にギター教室を運営しております関口がどうすればギター講師になれるのかをお伝えしたいと思います。 ギター講師に、特に資格はいりませんので、 ギターの先生です、と名乗り生徒が集まれば先生です。 生徒より、少しでも上手であればレッスンは成立します。 (生徒側に教わる気があれば。 実際、教わる気がな

ギター教室を運営しているものとしては、まったく得をしない話をしてみたいと 思います。 ギターレッスンを受け始めるのは分かるけれど、 いったいいつまで続けるものなのか?・・・です。 辞め時の話ですね。 これは、出来ればあまり考えないでいただければ助かりますが(笑) 何か月継続するかでトータルコストが変わってくるわけです。 レッスンさせていただく立場からは、 2年程度といつもお話しています。 例として

Ozeギタースクールの関口です。 今日は、エレキギターにおけるアンプの話です。 ここ最近のTwitterの仕様で、フォローしてなくても関連性が高いとアルゴリズムが判断したツイートが表示されるようになってますね。個人的には、あまり好きではない仕様変更でしたが・・・ そのせいもあり某Youtube系ギター講師の方のツイートが目に入りました。 勝手ながら引用させていただきますと レッスンで真空管アンプを

bottom of page