top of page
  • 執筆者の写真Ozeギタースクール

上達するプロセス

まず、楽しい!というのがないと人間何事も続かないです。

という前提で話をはじめます。


よくギター講師仲間と、こんな話をします。


効率を考えるなら、フィジカル(笑)


ギターを手にとって、なによりもまず指が動かないことが最大の障害です。


覚えることとか、音楽的にどうか?とか色々ありますが、音楽的なものを学ぶにしても

苦労せずにコードなりなんなりが弾けると

吸収したいことに集中できるわけです。


私が10代だったころのように、時間がたっぷりあれば、どんな形にせよギターを触ってれば色々上達します。


しかし、大人がギターを習得していくのに、

1日に使える時間は限られているでしょう。



ストイックなスパルタンな練習をオススメします。



なにも意味も納得できずに、

これをやってても、続かないはずです。


そこで、登場するのが、

こんな演奏したいという目標や、憧れです。


こうなる!というイメージは必ず必要です。

どんなギター弾きがかっこいいかは、

人それぞれでしょう。


なりたいを実現するお手伝いできれば嬉しいですね。


最新記事

すべて表示

手続き記憶

かれこれ、10年くらいプールに泳ぎに行ってます。 子供の頃、スイミングスクールに習いに行っていたので、 普通には泳げましたが、泳法のうち初期にやるクロールまでしかやらずに辞めてしまいました。 でも、泳ぎにいってみようと思ったとき 迷わず行けたのは、習っていたおかげです。 通わせてくれた両親に感謝ですね。 ジム通いで、プールならカッコイイところですが、 気まぐれで行く緩さでやっているので、区営プール

ステンレスフレットは有りか無しか

メインで使っているエレキギターをメンテナンスに出してきました。 ギターメンテナンスのなかでも、大がかりなフレット交換です。 納期も金額も、なかなかのもので、 そこそこのギター1本買えてしまう見積でした(笑) 8年がんがん、ライブにレコーディングに使ってるので、 限界を感じてましたが、 メインなので、使いたい機会も多く 一か月ちょいかかるのは、タイミング難しく しばらく、リハもライブも無い、今!とい

左利きでギターをはじめる場合

Ozeギタースクールの関口です。 先日、妻の職場の方の息子さんから ギターを弾いてみたいのだけど、左利きとのことで相談を受けました。 これまで生徒さんから左利きでという相談を受けたことは 何度もあり、その都度、メリット、デメリットをお話して選んでもらってきました。 私自身は右利きですので、本当のところはどちらがいいのか実感としてはわかりません。 あくまで主観的に、思うところをまとめてみます。 まず

bottom of page