top of page
  • 執筆者の写真Ozeギタースクール

手続き記憶

かれこれ、10年くらいプールに泳ぎに行ってます。


子供の頃、スイミングスクールに習いに行っていたので、

普通には泳げましたが、泳法のうち初期にやるクロールまでしかやらずに辞めてしまいました。

でも、泳ぎにいってみようと思ったとき

迷わず行けたのは、習っていたおかげです。

通わせてくれた両親に感謝ですね。



ジム通いで、プールならカッコイイところですが、

気まぐれで行く緩さでやっているので、区営プールに行きます。

一回400円程度、温水で真冬でもOKです。


月に数回、時間に余裕があれば週1行きたいところですが、

ゆるく定期的に行きます。


で、10年くらいやっているのですが、

まったく進歩がありません。


多少、泳げる距離が伸びたような気もしますが、

下手なままです。


もともと上手くなる気もなく、

たまにYouTubeで、技術的なことを調べたりしてますが、

その程度。


ほんとに軽い趣味という感じです。


きっと、習えば簡単に上手くなる気もしてます。

伸びしろだけは自信あります。



ギターもそうですね、

独学でやることも可能です。


楽器演奏は、泳ぐこと、歩くこと、自転車乗ることと同じ

手続き記憶が重要です。


簡単に言えば、体で覚えるというやつですね。


曲を覚えたり、頭で覚えることも必要ですが、

技術的には、体で覚えることが必要です。


なので、一度覚えれば、

10年弾かなくても思い出すことが出来るでしょう。



ギターを手に取った人が、

練習しないで上手くなりたい・・・と思うかもしれませんが、

ちょっと難しいですね。



反復練習なくして上達はしません。


では、その練習を、

自分の考えでやっていいのか!?


迷いますよね。


そんなとき、ぜひギター教室にいってみましょう。


講師の経験や知識から、

上達の近道をお伝えできます。


私も、人前で演奏する場合、

いっぱい練習して、無意識にでも弾けるというところまで

覚えるのを理想としてやってます。

ライブというのは、トラブルがつきものです。


自分の音が聞こえなくても、弾けるところまで

完璧に持っていきたいですね。







最新記事

すべて表示

ステンレスフレットは有りか無しか

メインで使っているエレキギターをメンテナンスに出してきました。 ギターメンテナンスのなかでも、大がかりなフレット交換です。 納期も金額も、なかなかのもので、 そこそこのギター1本買えてしまう見積でした(笑) 8年がんがん、ライブにレコーディングに使ってるので、 限界を感じてましたが、 メインなので、使いたい機会も多く 一か月ちょいかかるのは、タイミング難しく しばらく、リハもライブも無い、今!とい

左利きでギターをはじめる場合

Ozeギタースクールの関口です。 先日、妻の職場の方の息子さんから ギターを弾いてみたいのだけど、左利きとのことで相談を受けました。 これまで生徒さんから左利きでという相談を受けたことは 何度もあり、その都度、メリット、デメリットをお話して選んでもらってきました。 私自身は右利きですので、本当のところはどちらがいいのか実感としてはわかりません。 あくまで主観的に、思うところをまとめてみます。 まず

ギター講師になるには

Ozeギタースクールの関口です。 ギターを弾ける方で、講師になりたいと志望される方は多いです。 そこで、実際にギター教室を運営しております関口がどうすればギター講師になれるのかをお伝えしたいと思います。 ギター講師に、特に資格はいりませんので、 ギターの先生です、と名乗り生徒が集まれば先生です。 生徒より、少しでも上手であればレッスンは成立します。 (生徒側に教わる気があれば。 実際、教わる気がな

留言


bottom of page