• Ozeギタースクール

高いギターと安いギター(その1)

最終更新: 2019年7月28日

さて、楽器屋さんや、ネットでもいいですけど、

ギターを買おうかと思うと高額なもの、お手ごろなもの

幅があります。


YouTubeやSNSでは、コスパのいいギターってことで

最近、特定のメーカーのものが取り上げられてるのを

よく見かけますね。


さて、では30万と3万円のギターだと

どんな違いがあるんでしょうか!?


ギター歴20年の私めの主観で綴ってみようと思います。


どっちがいいのですか?と

質問には、


高いほうがいいに決まってる!!

とお答えします。

当たり前ですね、高いほど基本的にいいです。


木を扱った、天然のものなので、

もちろん個体差というばらつきはありますが、

基本的には値段なりです。


もちろん、高くてもビミューなもの

というのもあります・・・しかも結構あります(笑)

こればっかりは、なんともなのですが。


逆に安めなギター(5万円以下)で、30万のものを超えるものが

あるか?というと、

私は出会ったことないですね・・・

(こういうこと言うと、激昂して反論してくる人いますが、あくまで自分の主観です。あなた様の愛用ギターをけなしているわけではありません)


アコギも良し悪しわかりますが、

どっちかというとエレキのほうが

パーツだとか、分かりやすいので

以下、エレキギターを買うならという話でいきましょう。


まず、高いギターと安いギターなにが違うのか。


1 調整が利く。

2 音が良い

3 壊れない

4 見た目

5 ブランド&ストーリー


要素としては、こんなところでしょうか。


エレキだと15万~このうち1、2、3のところが

自分がプロの道具として使えるかなという範囲に入ってきます。


長くなったので、また次回に続く。





050-5327-7829

Join us on:

 

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

ozeギタースクール 〒114-0024 東京都 北区西ヶ原1-6-7-402

©2018 koji sekiguchi All right reserved.