• Ozeギタースクール

高いギターと安いギター(その2)

最終更新: 2019年7月28日

前回に続き、ギターの良し悪しの話。


高いギターと安いギターなにが違うのか。

1 調整が利く。

2 音が良い

3 壊れない

4 見た目

5 ブランド&ストーリー


1、2、3、は機能的な部分ですね。

2だけは、若干のファンタジー要素&好みというのがあります。


なにか、他に趣味やってこと、あなたはありますでしょうか。


道具を使うもの、たとえば、カメラとか共通する部分多いと思います。

ソニーのフラッグシップのカメラとライカではぜんぜん別ジャンル

であるとか。

入門用のと、ミドルクラスを比べれば、細かな設定を出来たり

違いがあります。


まぁギターの場合は、けっこうざっくりした部分で

わかりやすいともありますけど。

たとえば、シールドコードをつなぐインプットジャック。


ギターはじめたころに使ってた、入門用ギターは、

頻繁に緩んでました。


で、外側から適当にまわすと、けっこう断線するんです、中の配線(笑)


ちなみに、私がメインで使ってるギターは、ほとんどゆるみません。

パーツ換えれば良い話なんですけど、

結局全とっかえになっちゃえば、それは総額高くなります。


自分で改造するのが好きで、時間もかけられるなら

勉強にもなるしお勧めですが。

私は、ギターいじるより、練習したいです。


ついでに、パーツ全とっかえすれば

良いギターになるのか?


これは、僕の経験上ですが、

上手くいったことがありません。


ポイントは、ボディやネック等

本体のもつ音の傾向。

この部分は、いくらピックアップを換えても

音のクセとかキャラクターは消えないです。


カラオケマイクと、高級コンデンサーマイク

自身の歌声を録音すると、

音質はぜんぜん違うけど、同じ声です。

例は極端ですが、それに近いかな。



伝送系、ピックアップ、総合的な組み合わせのセンス。


楽器屋さんには、世界の名だたるセンスを持った職人が立ち上げたブランドが

並んでいます。


ギターの音って、パーツの組み込み、組み合わせなど

バランスで成り立つところだと思うので。


安いギターに、高級ピックアップ、

パーツをのせてもあまり良くならないように思います。



あ、ちなみに、素養の良いギターを

よりグレードアップする方向でのパーツ交換は、

おすすめであり、効果大です。


長くなったので、また次回に続く。


最新記事

すべて表示

機材が欲しいという病

楽器業界は、年に何回かセール時期があります。 正月で、大手の楽器店はどこもセールをやっています。 新年、お得なブツがないかとネットでポチポチしていると 前から欲しかったギターアンプの類が、お安くなっておりました。 YouTubeでレビュー動画をチェック いてもたってもいられず、翌日に秋葉原の楽器店へGOしました。 狙いのブツは40Wのスモールなもの 店員さんにお願いをし 試奏します。 なかなかよろ

Universal Audio OXアップデート

久しぶりに機材買いました。 Universal Audio OX 良い点、不満点ありましたが、このアップデートによって解決しました。 あまり調べず買ったので、フェンダー系、Vox系、マッチレス系などコンボアンプのモデリング が充実していて、マーシャル系、メサブギー系、モダンハイゲインに合うキャビが予想より 少なかった(4x12 GB12 Punch 2x12 Black 8H このあたりかな) O

ギター音作り(その1)マルチエフェクターかコンパクトエフェクターか

今日のレッスンでは、生徒さま持参のBossのマルチエフェクターME-80を使っての 音作りを一緒にやりました。 けっこう、この音作りは需要があって、私の生徒さまだとエレキギターレッスンしている人は、1コマ1時間以上平均でレッスンしています。 音作りは、ギター演奏の半分以上をしめているといっても過言ではないでしょう。 ヴォーカリストにとっての声質と同じです。 ある程度の機材にお金かけるのも大事ではあ

050-5327-7829

Join us on:

 

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

ozeギタースクール 〒114-0024 東京都 北区西ヶ原1-6-7-402

©2018 koji sekiguchi All right reserved.