top of page
  • 執筆者の写真Ozeギタースクール

YouTuber先輩

更新日:2019年7月28日

今日は、知り合ったときは音楽プロデューサー、本日の話的にはYouTuberというお世話になり続けている大先輩との打ち合わせでした。


ミュージシャンとしては、ギター録音依頼をいただき、お仕事をするというこれまでの通常の収入ルートだけではなく、自分からコンテンツを作って発信していくという、攻めの姿勢でやっていきたいなと思っております。


綺麗事にはなっちゃいますが、

皆さんに楽しんでもらえるコンテンツを作っていきたい。

もちろん、直接的に習いに来てくれるかたには、それ以上のものを提供できるようにというのは当たり前の話。


色々と、アイデアをいただいたお時間でした。



最新記事

すべて表示

手続き記憶

かれこれ、10年くらいプールに泳ぎに行ってます。 子供の頃、スイミングスクールに習いに行っていたので、 普通には泳げましたが、泳法のうち初期にやるクロールまでしかやらずに辞めてしまいました。 でも、泳ぎにいってみようと思ったとき 迷わず行けたのは、習っていたおかげです。 通わせてくれた両親に感謝ですね。 ジム通いで、プールならカッコイイところですが、 気まぐれで行く緩さでやっているので、区営プール

ステンレスフレットは有りか無しか

メインで使っているエレキギターをメンテナンスに出してきました。 ギターメンテナンスのなかでも、大がかりなフレット交換です。 納期も金額も、なかなかのもので、 そこそこのギター1本買えてしまう見積でした(笑) 8年がんがん、ライブにレコーディングに使ってるので、 限界を感じてましたが、 メインなので、使いたい機会も多く 一か月ちょいかかるのは、タイミング難しく しばらく、リハもライブも無い、今!とい

左利きでギターをはじめる場合

Ozeギタースクールの関口です。 先日、妻の職場の方の息子さんから ギターを弾いてみたいのだけど、左利きとのことで相談を受けました。 これまで生徒さんから左利きでという相談を受けたことは 何度もあり、その都度、メリット、デメリットをお話して選んでもらってきました。 私自身は右利きですので、本当のところはどちらがいいのか実感としてはわかりません。 あくまで主観的に、思うところをまとめてみます。 まず

bottom of page